筋肉太り解消

美脚同じ太ももが太い悩みであっても、筋肉が付きすぎて太くなっている場合は筋肉太りを解消するためのストレッチが効果的です。正座した状態で身体の後ろ側に両手を付きます。その状態のままでおしりに力を入れて太ももを持ち上げ、10秒から15秒間ほどキープします。この方法は激しい運動をした後のクールダウンにも活用されるストレッチ方で、筋肉太りの解消にも効果的です。場所もとらず激しい動きでもないため、例えば正座してテレビを見ながら行うなど、ながら運動だとしても毎日続けることで確実に効果のあるストレッチ習慣が身につきます。

また、仰向けに寝て両腕を体の両脇に広げ、片方の膝を立てて反対側の足をつま先まで伸ばして床に対して垂直な状態になるまで上げます。そして上げた脚を今度は息を吐きながら床面から20センチほどの高さになるまでゆっくりと時間をかけて下げたらいったん息を吸い、再び息を吐きながら最初の床と垂直の位置までゆっくりと持ち上げます。この動作を左右10回ほど繰り返すことで太ももをすらりと引き締める効果が期待できます。

また、座ったまま両膝に薄い座布団などを挟んで落ちないようにキープする方法も、脚痩せには効果抜群で簡単にできる方法なのでおすすめです。

脂肪を取り除く

太っている原因はさまざまだとしても、太ももが太い状態のとき、通常は必要以上にその部分に脂肪がついている状態になっています。脂肪がついてサイズが大きくなっているとき、筋肉とは違い触った時に独特の柔らかな感触があります。何をやっても落とすことのできない脂肪を外科手術で取り除くという方法もありますが、身体にメスを入れるということに抵抗を感じる人は少なくありません。それよりも安全に効果的に脂肪を落とす運動をするのがおすすめです。

ももの部分には体の中でも大きな筋肉がついているので、この部分を鍛えることで身体の代謝が上がってやせやすい体質になります。太ももの脂肪を取り除くためのおすすめのエクササイズはスクワットです。ももの前の部分と後ろの部分、さらにヒップを引き締める効果もあるエクササイズです。

女性両足を肩幅くらいの広さにして立ち、両手を頭の裏側にセットします。つま先は正面か気持ち外側を向けるようにして胸を張って腰を反り過ぎないように注意しながら背筋をまっすぐに伸ばします。そして息を吸いながら膝頭がつま先よりも前に出ないように注意しながら曲げて行き、次に息を吐きながらゆっくりと膝を伸ばしてもとの姿勢に戻ります。一連の動作を10回から20回程度を一日に2回程度おこなうことでももを鍛え、ももの脂肪を取り除く効果が期待できます。他にも太ももの脂肪と取り除く方法を紹介している掲載本や情報サイトがありますので参考にしてみてください。

「関連HP」Re:feat / リフィート – 美脚のことなら – ホーム | Facebook

むくみを取り除く

リンパの流れが滞ることで身体の末端部分である脚にはむくみが生じます。太ももが太くて中々サイズダウンできないというとき、脂肪だけでなくむくみによって太くなっている事も考えられます。特に足がいつも冷えることに悩まされているという人は、むくみやすい体質だとも言えるので、太もも痩せのためにはこのむくみを取り除くことが必要になります。

マッサージ人間の体の中にはリンパ管が体中にネットのような状態で張り巡らされており、その中をリンパ液が通って老廃物などを運ぶ役割をしています。リンパ管が集まるポイントがリンパ節で、耳の下や足の付け根などからだの要所要所に存在します。

リンパ管の中を流れるリンパ液の流れがスムーズに行かないと、血液のように心臓のポンプによって流れを作ることの出来ないリンパ液はたまってむくみとなって体の表面に現れてしまいます。太ももが太いと悩んでいる人も、あるいはむくみが起きている可能性があるのかもしれません。そんなときはリンパ管やリンパ節を肌の上から刺激してリンパの流れを良くする方法が効果的です。入浴後の体の血行が良くなった時にオイルなどをつけて肌をさするようにマッサージすることでリンパの流れを改善してむくみの解消にも繋がります。

太ももやせさせるには

脚すらりと伸びた形の良い引き締まった脚はパンツスタイルもすっきりとステキに着こなすことが出来て多くの人が憧れます。ところが足の太さ、中でも太ももが太くてパンツをはいてもパンパンですっきりと着こなしなんてとても無理だと感じている人は少なくありません。身体全体はそれ程太っているわけではないのに、なぜか下半身はぽってりとしていて太ももがムチムチしているという悩みを抱える人は多く、太ももやせのためにダイエットを実行しているという人もいます。

痩せるためには食べなければいいということで、極端に食事の量を減らしたりする方法をとると、たしかに一時的には体重を落とすことはできますが健康を害してしまうことになるし、何よりもそんな方法で体重を落としたとしても食事をいつもどおりの内容に戻したとたんリバウンドしてしまうことも十分に考えられます。太ももの筋肉というのは体の中でも大きな筋肉であり、食事を減らして痩せると同時に筋肉の量も減ってしまうため基礎代謝の低下に繋がってリバウンドの可能性が高まるという仕組みです。

下半身だけが太っているという人の多くは姿勢の悪さから来る骨盤のゆがみが影響しているといわれています。内ももを引き締めた状態に維持するために最も大切なことが姿勢をよくすることで、正しい姿勢で立っているだけでも自然に筋肉を使うことにつながります。まずは普段の生活の中で正しい姿勢できちんと立ったり座ったりという動作をすることを心掛けるようにします。